7bd81e19.gif
【算太クンからの挑戦状2012】(文学・歴史)[古事記]23
※───────────────────────────────※
【算数合格トラの巻】
【算太・数子の算数教室】(R)
※───────────────────────────────※
(o^-')b 
本日はこの問題にチャレンジ☆
【算太クンからの挑戦状2012】
(文学・歴史) です☆
※───────────────────────────────※
   
2012/04/29(日) 
   
(^0^)/ 本日は【算太クンからの挑戦状】です♪
 
(^^)/ ボク算太クン!
文学・歴史の得意な君に
ボクからの挑戦状だよ☆
 
(問題)次を読んでね♪
−−−−−−−−−−−−−−−
 
 次に水底に滌きたまふ時に
 成れる神の名は
 ▲津綿津見神
 次に▲筒之男命
 
 
 (古事記) 
−−−−−−−−−−−−−−−
 
伊邪那岐命の
禊の場面その6です。
▲に入る言葉は何かな?
同じ漢字一字が入るよ♪
   
[算太クンからの挑戦状・2012]
[2012年・文学・歴史問題] 
         
※───────────────────────────────※
(*^ー^)ノ
大人気☆【算太クンからの挑戦状】です!
 
さてさて算太クンが、
君たちに挑戦してきました!
 
伊邪那岐命の
禊の場面その6です。
         
【ダンロック君】が言ってます、
『此の三柱の
 綿津見神は
 海の神様♪』
です☆
   
君の家の近くにも、
この神様を祀ってる神社があるのでは!? 
 
今回の問題は簡単なので、
読み方のヒントはなしです☆(^^)/
  
正解した方は、
『文学歴史の秀才』です☆(o^-')b
  
う山先生の予想正答率は、
知っていて正解 → 3%以下
問題文から推理して正解 → 30%
です☆
          
ではレッツ・ゴー!!☆(^o^)/
    
答えは、
 
  ↓
 
  ↓
 
  ↓
 
  ↓
 
  ↓
 
  ↓
 
  ↓
 
  ↓
 
  ↓
   
【答え】[▲=底]です。
(*^ー^)ノ
「水底」なので「底津綿津見神」です♪
わかりやすいですよね☆
     
【参考・古事記原文】
次於水底滌時
所成神名
底津綿津見神
次底筒之男命
              
※───────────────────────────────※
中学受験・算数プロ家庭教師受験算数・算数個人指導
※───────────────────────────────※
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
[発行者氏名] 【う山雄一】
[発行者web] 【算数合格トラの巻】
[著作]【算太・数子の算数教室】(R)
[著作]【算遊記】
[仕事URL]
http://www2.to/sansu
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/popopo/
[仕事用メール] 
sansu_gokaku@hotmail.com
[ブログ] 
【算数合格トラの巻】
http://ameblo.jp/sansu/
http://blogs.yahoo.co.jp/sansu_gokaku_toranomaki
[ブログ]
【算太・数子の算数教室】(R)
http://ameblo.jp/santa-kazuko/
http://blogs.yahoo.co.jp/santa_kazuko_1994
[ブログ]
【う山先生】
http://uyama.blog85.fc2.com/
http://happy.ap.teacup.com/uyama/
http://blog.livedoor.jp/sansu/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□