[算数]■過去問対策■ (慶応普通部)


*--------------------------------------------------*

【算数合格トラの巻】

【ブログ村中学受験】   【ブログランキング】

【算太・数子の算数教室】(R)

*--------------------------------------------------*

(o^-')b 

本日は、ふか〜く

【慶應義塾普通部】

を分析しました☆

 

【お盆特訓】をご期待下さい!

 

*--------------------------------------------------*



(*^ー^)ノ

 
塾によっては、
「慶応の算数は簡単ですよ」
と、あっさり言ってのけて、
良くお分かりになってないお母さん方を
煙に巻くところもありますので、
ご注意下さい☆
 
確かに、「確実に得点できる問題」もいくつかあります。
しかし、
そんな問題は、慶応を狙ってような受験生のレベルならば、
ほぼ全員が解けてしまいます。
 
そのような問題だけを論ってるようでは、
「ちょっと頑張れば合格できる生徒」も、
残念な結果にさせてしまうかも知れません。
 
2010年に問題の後半を見てみましょう。
 
大問6番の「一筆書き問題」
先ず、これが「見た目より難しい問題」です。
「合否を決めた問題」と言っても良いでしょう。
と、
ここまでは、「塾の過去問対策」で言うような
レベルのことなので、
敢えて、【算太・数子の算数教室】で言うほどのことでもないでしょう。
 
ポイントは、
「この問題の引っかけを見破った上で、正解できるか?」
です。
出題者の狙いを見破れますか?(^^)
 
また、
大問7番の「速さの問題」
これも、合否を決めますね。
やはり男子は、「速さが苦手では上位校はムリ」 なのです。
夏休みに、本当の 『速さの理解&解き方』 を絶対にマスターしましょう。
「速さの公式や解き方の暗記」では、
この問題とかは、全然勝負にならないかと思われます。
 
最後の
大問8番
ここ数年、ブームになっている
「立体貫通刳り貫き問題の応用」
です。
この問題は、(体積)は楽勝です。
ですが、(表面積)が面白い問題、かつ、
慶応普通部の出題者のセンスが感じられる問題です。
 
まあ、この(表面積)間違えやすいので、
正解できなかった生徒がほとんどだったかも知れません。
もちろん、出来なくても合格したでしょう。
 
しかし!
来年は違います!
慶応で出題されてしまったので、
たいていの塾では「夏休みの授業」や「夏休みのテスト」でやることでしょう。
(やらないような塾は論外ですが)
 
なので、来年は「合否を決めるブームの問題」 になるのです。
 
もちろん、【算太・数子の算数教室では、
ウラワザ解法を開発しました☆
ご安心下さい!(^^)
 


来週からの 「お盆特訓が楽しみ」になってきました! 0(ж>▽<)y ☆
 
*--------------------------------------------------* 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

[メルマガ名]算数合格トラの巻・メルマガ
[発行者氏名]う山雄一
[発行者web] 【算数合格トラの巻】
[著書] 【算太・数子の算数教室】(R) 
[HP]http://www2.to/sansu 
[HP]http://www.alpha-net.ne.jp/users2/popopo/ 
[メール]sansu_gokaku@hotmail.com
[ブログ]http://ameblo.jp/sansu/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
(^^)