a66be851.gif◇◆―――――――――――――――――――――――――――――◇◆
◆◇ 【算数合格トラの巻・メルマガ】No000318・2007/04/27(金) ◆◇
◇◆―――――――――――――――――――――――――――――◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆本日の問題◆
2007/04/27

〈大型連休・特別企画〉
今回は、初の「理科・写真問題」です☆

(問題)
下の写真は、何の花でしょうか?(^^)?

[写真は上方]

(う山先生からのGW特別問題)

※―――――――――――――――――――――――――――――――※

(^o^)〈大型連休・特別企画〉「理科」の問題です☆
さあ何の花かな? 黄色い花だね☆
写真は今月中旬に撮影しました♪

☆解答メアド☆
sansu_gokaku@hotmail.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆前回の問題◆
2007/04/18

図は長方形ABCDで、Eは辺ADを5:3に分ける点です。
Fは、対角線ACとBEの交点です。
三角形ABFを[う]、四角形CDEFを[山]とします。
さて、「う:山」の面積比は何:何かな?

[図形はこちら↓]
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/popopo/pic/gif/m20070418.gif

(う山先生から、受験生みんなへの基本問題挑戦状!)

※―――――――――――――――――――――――――――――――※

(^o^)「平面図形」の問題ですね☆
【算太・数子の算数教室】の有名ウラワザ解法は、
もちろん、『台形もみもみ公式』ですね♪



[解答編]

う山先生のウラワザ【台形もみもみ公式】は、

【算太・数子の算数教室】1998年10月号[通算56号]、
【算太・数子の算数教室】1999年11月号[通算67号]、
【算太・数子の算数教室】2004年09月号[通算85号]、

に詳しく載ってますね☆

ウラワザ【台形もみもみ公式】で解くと、
このようになります♪
 ↓
[台形もみもみ公式による解答]


今回は、[算数合格トラの巻・ブログ]に
図形の画像貼ってみました☆

どうですか? このような一連の手順で、
20秒くらいで「秒殺」できちゃうんですね☆
ウラワザの凄さを、とくと味わって下さい!(^^)



さてさて、
では、この【台形もみもみ公式】の裏話などを少々。

もともとこのウラワザを開発した、
元の公式は、
台形分割の「A×A:B×B:A×B:A×B」
という単純な基本公式が昔からありました。

これを、
「台形だけじゃなくて、長方形は平行四辺形にも応用した!」
のが、
う山先生開発の【台形もみもみ公式】なんですね(^0^)☆

それで、
「ウラワザの命名」ですが、
生徒たちといろいろ案を出し合いました☆
(約10年前ですね)

「AA」
「BB」
「AB」

の3つが、それぞれ、日本語の単語として成立する名前にする!
というのが、う山先生の考えでした☆

「A:B」→【台形エビエビ公式】

「ア:イ」→【台形アイアイ公式】

「も:み」→【台形もみもみ公式】

など、候補になりましたが、

「もも」=「桃」
「みみ」=「耳」
「もみもみ」=「揉む擬音!」

と、いう単語の響きの面白さで、

「も:み」→【台形もみもみ公式】

ということに決定した、という経緯があるんです☆

思い起こしてみると、ホントに懐かしいです♪
『ウラワザに歴史あり』ですね☆(^o^)

本屋さんで売ってる算数のテクニック本や、
ネットで「台形ナントカ公式」とか言ってます
ウラワザの元ネタは、
すべてこの、う山先生の【台形もみもみ公式】からの模倣です☆

誰がオリジナルとか、真の開発者かとか知ることでで、
数多いる算数の先生の、「実力」や「誠実さ」が
ご理解いただけますね♪(^−^)

ホントにこのウラワザは凄すぎて、
無断でパクられまくりですね☆(^^;

(答え) う:山=40:79

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇コメント◇

[国語オマケ問題]その54

(^0^)国語問題☆
さあ、知識をパワーアップしよう☆

(問題)
次の漢字を読めるかな〜?

A.然し

B.耳順

C.市井

(う山先生・国語セレクト問題)
(答えは、下の方を探してね)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

◇コメント2◇

[時の氏神]

先週の週末のこと。
家庭教師に行く途中で、
某JRのターミナル駅にて、
改札を入ったすぐのところで、
若い土木作業員らしき者と高校生が、
リアルファイト!
つまり、殴り合いの本気の喧嘩をしてました!

ビックリ仰天!
さらに、そのビックリしてる、う山先生の目の前に
その二人が、どどーっと喧嘩の勢いで来て、
挙げ句に、う山先生にその揉み合ってる二人が
ドカーン! と激突☆

兎に角、無我夢中で、
その喧嘩してる若者二人の間に割って入り、
「おいおい、喧嘩はよせよせ!」
と、仲裁。

高校生の方を背中から押さえ、
もう一人の土木作業員は別な屈強なお兄さんが押させてくれて、
何とかリアルファイとは中断。

しかし、二人とも頭に血が上っていて
睨み合っており、
またすぐにでもリアルファイトをやりかねない。

なので、ここで二人の話を聞いてあげました。

「あっちが、オレの足を踏んだんですよ!」
とか、
「おいつが、オレに『チッ!』とかガンくれっからですよ!」
とか、
その他いろいろでした。

話を聞いてあげて、
二人の頭がが冷めた頃にようやく一件落着致しました。

話を聞いてあげてるときは、
もう一方を押さえてくれたお兄さんもどこかに居なくなっており、
う山先生と、その喧嘩当事者2人の、計3人のみでした。

「死ぬまで喧嘩やってろ!」
という中高年オバサンのヤジもありました。
こちらは必死で止めてるのに、
「火に油オバサン!」の発言にはヒヤヒヤでした。

ホントに喧嘩があると、
群衆って輪になるんですね〜。
その、輪の中に3人。
「時の氏神」になれて良かったと思いました☆(^^)☆

その若くて身長も、う山先生よりも、
5センチ以上高いだろうと思われる喧嘩の当事者二人は、
喧嘩が始まった矢先に、
止めに入り、話を聞いてテキパキと処理(?)した
う山先生のことを、顔はやさしいのに
たぶん、体格とか物腰で、
「警察関係者」とか「武闘家関係者」とでも
思ったのでしょうか?
(頭に血が上ってるのに、敬語で話したのでわかる)

ということがあり、
さて、目的の電車に乗ろうと急いで向かったのですが、
「時の氏神」を待ってないで、
電車は無情にも発車してしまいました!

というオチまでついた実話です♪(^0^)

※―――――――――――――――――――――――――――――――※

[国語オマケ問題]解答

A.(しか)し   然し
B.(じじゅん)  耳順
C.(しせい)   市井

面白解答!
A.ぜんし・・・・・(取り敢えず、そのまま読んだ?)
B.みみじゅん・・・(同上!?)
C.いちい・・・・・(誰かの名字?)

今回は「国語の名人向き問題」でした!
小学生で1個以上読めたら素晴らしいですね♪(^-^)/
大人で読めない方は・・・
携帯ゲームで外国語なんかやってないで、
もっと母国語の勉強をした方が良いと思われます☆(^^;

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

※―――――――――――――――――――――――――――――――※

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

☆総読者数☆ 000900人
☆算数☆家庭教師☆中学受験☆中学入試☆ウラワザ☆個人指導☆

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

[メルマガ名]算数合格トラの巻・メルマガ
[発行者氏名]う山雄一
[発行者web]【算数合格トラの巻】

http://www2.to/sansu

http://www.alpha-net.ne.jp/users2/popopo/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□